スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレス

ストレスの多い職場の中で、いかにストレスを解消し、モチベーションを上げていくかは個人も組織にも重要である。ストレスに苛まれている人の多くは自己コントロールが上手でなく、その原因を外部へ向けようとする。ストレスの解消に重要なのは発想の転換である。ストレス下でもモチベーションを維持し高めることが有意義な人生につながる。
ダニエル・ピンク著「モチベーション3.0」(講談社)はこの課題について非常に良く分析している。彼は、人間の本能的な生物学的な動機づけを第一。その後の20世紀までの労働の報酬を条件とした動機付けを第2と考えた。21世紀に求められる動機付けは、報酬と無関係に自己内部から沸き出る、自ら創造する中で得られる最高の満足いく瞬間(フローと呼んだ。ゴルファー石川遼はゾーンと表現した。)、言い換えれば、価値あることを上達させようとする欲求を目指すのが第3、つまりモチベーション3.0と呼ぶ。一読に値する本と考える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

摩周の風

Author:摩周の風
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。